1. HOME>
  2. 葬儀の流れと基礎知識

葬儀の流れと基礎知識

危篤

医師により死亡が写確認されたら、死亡診断書が発行されます。その後に親族や関係者等への死去の連結を行うと共に宗派を確認し寺院へ連結します。病院等の場合は、葬儀社へ連絡し車を手配、ご遺体をご自宅へと運びます。当社でも年中無休24時間体制で専用寝台車によるご移送を承っています。

ご臨終

家族や親族、親しい友人などの特別な関係の方に至急、電話で連絡をします。その際には蕩ち着いて、場所や連絡先などの用件を正確に伝えることが大切です。電話で連絡がとれない場合は、電報を打ちます。なお、病院以外での突然死や死因が不明の場合は、119番または110番通報が必要です。
淤見せせらぎホールに安置 淤見せせらぎセンターに安置

ご遺体安置

納棺までの問は、仏間または座敷に敷いた布団に北枕で寝かせ、顔を白い布で覆い安置します。枕元に線香、ロ−ソク、お花、水、枕団子、一杯飯の枕飾りを調えたら、僧侶を迎え枕経をあげてもらい、戒名などをつけてもらいます。また、僧侶や葬儀社と通夜や葬儀内容を相談、関係者への連緒など準備と手配を行います。

お通夜

式場は葬儀社が設営。ご遺体を清める湯灌を行い白装束を着せ納棺、ご遺体を式場の祭壇に安置します。葬儀役員と進行や役割分担を確認、受付を開始し、僧侶をお迎えします。通夜が終了したら関係者に食事や飲み物をふるまうと共に翌日の準備をします。親族は、祭壇のローソクと線香を絶やさないよう交代で付き添います。

葬儀・出棺・火葬場

葬儀・告別式の進行に沿って読経や焼香などが終了したら、最後のお別れ、釘打ちの儀式を行い出棺となります。火葬場では火葬許可証を提出、火葬炉の前で焼香を行い火葬となります。お骨あげは二人一組となって箸でお骨を拾い上げ、骨壷に納めます。なお火葬後には、納骨の時に必要となる埋葬許可証が発行されます。

繰り上げ法要・忌中引き

火葬場から戻ると水で手を洗い、塩で身を清めます。葬儀社により整えられた祭壇に線香、ローソクを灯し、生花や供物を供えご遺骨を祭壇に安置します。この後に繰り上げ法要を行い、「忌中引き」ではお世話になった方々にお料理や飲物をふるまい、その労をねぎらいます。またここでは、僧侶へのお布施などをお渡しします。

お骨安置

忌中引きが終了すると、仏壇とは別に台の上に白布をかけ、ご遺骨、位牌、遺影を安置、燭台や香炉、花を飾る「後飾り」と呼ばれる祭壇を準備、四十九日の忌明けまで毎日、灯明をつけ線香をあげて故人の冥福を祈ります。なお仏壇にも灯明、線香、水、ご飯などをあげますが、弔問客のお参りは後飾りの祭壇で行います。

  • 葬儀の費用について
  • 葬儀の流れと基礎知識
  • お葬式の心得
  • 葬儀Q&A
  • 葬儀役員代行システム
  • お客様の声
  • プレス紹介
  • 供花のご注文承ります
  • 事前葬談とは、葬儀についての段取りや費用について、ご本人様と葬儀社の間で前もって取り決めをしておくことです。
  • ifネット北海道 入会金10,000円で大きな安心。入会金は10,000円(税金)のみ。その後の会費などは一切かかりません。
  • せせらぎホール 1階ホール50名収容、2階ホール130名収容。
  • せせらぎセンター 家族葬など小規模の葬儀に適した25名収容のホールです
  • 淤見株式会社ホームページ:携帯スマホはこちらから
  • 淤見株式会社facebook:携帯スマホはこちらから