1. HOME>
  2. お葬式の心得>
  3. お葬式が終わって

お葬儀が終わって

法要とお参り

仏 式

仏教の法要は、故人が亡くなった日(もしくは前日)から七日ごとに行います。
七日ごとに初七日・二七日...と四十九日(または五七日の三十五日)まで行います。
満中陰・七七日は亡くなった日(もしくは前日)から四十九日目にあたり忌明けの日です。
四十九日(または五七日の三十五日)にはご親族や親しい友人などを招き僧侶に読経を頼み忌明けの会食をします。
法要に招く方には、早めに案内をしましょう。

神 式

神道では「霊前祭」を営みます。
霊前祭は仏式の法要にあたり、葬儀の翌日に「翌日祭」を行い、以後亡くなった日から十日ごとに十日祭・二十日祭......と五十日祭まで行います。その後、百日目には百日祭、一年目には一年祭を行います。
特に五十日祭と一年祭は大切な霊祭とされ、ご親族や親しい友人などを招き、神職に祭詞奉上してもらいます。

キリスト教

キリスト教では、特に決まった日に追悼儀礼を行うしきたりはありませんが、日本の一般的な習慣に合わせてカトリックでは「追悼ミサ」プロテスタントでは「記念会」を営むことが多いようです。

■カトリックの場合
3日目・7日目・1ヶ月目・1年目の命日などに「追悼ミサ」を行う場合もあります。
■プロテスタントの場合
死後1ヶ月目や1年目の命日などに「記念会」を行う場合もあります。

葬儀が終わって

挨拶まわり

葬儀後、喪主・遺族は故人が生前お世話になった方や勤務先、世話人代表などへ「挨拶まわり」へ赴きます。葬儀の翌日か数日後に出向くのが一般的です。訪問先にはできれば事前に連絡しておきましょう。服装は地味な平服が良いでしょう。一般の会葬者には、葬儀の際に渡す「会葬礼状」で挨拶と御礼にかえているので、改めて出向く必要はありません。

仏 壇

仏壇は、本尊をお祀りし日常の礼拝を行ったり、故人の位牌や過去帳等を安置し、供養を行ったりするものです。(宗派により儀式や仏具が異なります)仏壇の購入時期は、一般的には四十九日(三十五日)や、一周忌法要など、故人や先祖を偲ぶ節目の時期に購入する場合が多いようです。
新しい仏壇は僧侶に開眼供養してもらいます。

満中陰志(香典返し)

香典のお返しは四十九日(三十五日)の忌明け法要のあとに、忌明けの報告と御礼をかねて行います。
その際には香典額の二分の一から三分の一程度の品物に、忌明けの挨拶状を添えてお返しするのが一般的です。最近では葬儀の当日にお返しする「即返し」を行う場合もあります。また社会福祉団体等に寄付をした場合は、香典返しの品物は贈りませんが、その主旨を忌明けの挨拶状に記入し送付します。

納 骨

  • お墓に納骨するとき、あるいは納骨堂に遺骨を収蔵する(=預ける)ときには、「埋(火)葬許可証」が必要です。霊園墓地を使用するときには、使用許可書・印鑑なども必要です。
  • 納骨時期は、一般的には四十九日(三十五日)・百ヶ日・一周忌の法要などに合わせて行われることが多いようです。地域によっては、葬儀の当日に火葬場から直接、墓地へ向かい納骨する場合もあります。
    また、すぐに納骨せず数年、遺骨を自宅や寺院に安置する場合もありますが、これは別に違法なことではありません。
  • 改葬には改葬許可書が必要
    改葬とは、いったん納めたお墓または、納骨堂から、遺骨を他のお墓や納骨堂に移動させることです。
    この際、遺骨が納められている市区町村から「改葬許可証」を受け、移転先の墓地または納骨堂の管理者に提出します。

喪中ハガキ

近親者を亡くされたときには、喪に服する意味で年賀状を出すのを控え、喪中ハガキの挨拶状を送る習慣があります。送付の時期は、なるべく12月初旬に到着するようにします。

パンフレットのダウンロードはこちら